ゲイのパパ活事情

20代ゲイがお送りするパパ活事情

あなたの知らないゲイの世界

 

 

あなたはノンケですか?ゲイですか?

あなたはノンケですか?

そしたら、ゲイの世界はあまりご存知ではないでしょうね。

 

あなたはゲイですか?

わたしに興味があったら、良かったらリアルでもしてみませんか….

 

 

ゲイの世界では、若さが過大評価される

さて、ノンケの世界と同じく、ゲイの世界も若さは他人を惹きつける要素のひとつです。

しかも、ゲイの世界はより過剰です。

若い子ほどちやほやされることが多いです。10代は間違いなくちやほやされるでしょう。

しかし、年齢が上がっていくと個人差がかなり大きくなっていきます。個人差は20歳を過ぎると、少しずつ姿を現してきます。

 

 

外見も重要

それでは個人差はどこで生じるのでしょうか。

ゲイの世界でも、外見はかなり重視されています。若さだけでなく、顔や鍛えられた身体はかなり高得点となります。

好みのタイプは様々ですが、顔や身体を重視する人は多いですし、最初の入り口が顔や身体というパターンも結構あります。

 

 

顔だけ、身体だけでどうにかなるという話でもないのですが、「結局、顔だよね」、「結局、身体だよね」、という結論に至りがちです。

よって、ゲイはゲイとしての自分の付加価値を高めるために、身体を鍛える人が多いです。

 

 

好きな男のタイプを表す、○○専

顔がそこそこでも、身体が鍛えられていると、モテます。鍛えられている身体に惹かれる人は、ガタイ専と呼ばれています。

 

 

一方で、身体が細い人が好きな人はS(スリム)専ですし、太っている人が好きな人はD(デブ)専になります。GMPD専というもあり、ガチムチポチャデブ専の頭文字です。ちなみに、S専DはS専のデブを表し、D専Dはデブ専のデブを表します。

 

 

イケメンが好きな人は、顔専となります。不細工が好きなら、B(ブス)専です。

他にも、年齢での好みの分別があります。

若い人が好きなら、若専ですし、老けている人が好きなら、老け専です。死にそうなくらい年老いた人が好きな人は棺桶専と呼ばれます。

 

 

顔、身体、年齢以外の好みのパターンもあります。

外国人が好きな外専、片親や生まれ育った環境が貧しい人が好きな不幸専、寝取られるのが好きな寝取られ専など、ゲイの○○専はまだまだたくさんあります。

 

 

誰でもいいとう誰専という言葉もありますが、たいてい「選ぶ誰専」と言われます。

「選ぶ誰専」とは、特定の好みのパターンはないけれど、自分の琴線に触れれば好きになるという人のことを指します。

 

 

性的趣向を表すのは○○フェチ

○○専以外にも○○フェチもあります。

 

 

例えば、スポーツユニフォームに興奮するユニフェチ。

ユニフェチはさらに細分化され、野球、サッカー、陸上競技、水泳の競パン、ラグビー、アメフト、柔道、レスリングなど、競技ごとに分類されます。

 

 

下着のパンツが好きなパンツフェチ。

パンツフェチはさらに細分化され、トランクス、ボクサーパンツ、ブリーフ、ふんどし、おむつなどに分かれます。

 

 

このようにたいてい、性的趣向を○○フェチと呼びます。あまりブログでは書けないようなきついフェチも存在します。

 

 

捨てるものがない世界

よくゲイの世界は捨てるものがないと言われます。男のタイプでも数えきれないほど○○専という言葉がありますし、性的趣向も数え切れません。

 

 

これだけ細分化されていると、自分を好んでくれる人がどこかには絶対いるという意味で、ゲイの世界は捨てるものがないと言われるのです。

 

 

 

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


同性愛(ノンアダルト)ランキング