ゲイのパパ活事情

20代ゲイがお送りするパパ活事情

ゲイの世界にもパパ活は存在する!

 

 

ゲイの世界にもあるパパ活

一時期、一世を風靡したパパ活ですが、

ゲイの世界にもほとんど同じようなパパ活があります。

 

 

ゲイの世界では10代~20代前半くらいまでの若いゲイが、30代以上のゲイに食事をご馳走になったり、プレゼントをもらったりすることが少なくありません。

 

 

身体を売る売り専でなくとも、ゲイバーの店子でなくとも、年上に可愛がってもらい、所謂パパ活をしているごくごく普通のゲイは一定数います。

 

 

何を隠そう、わたしもパパ活に勤しんでいる一人です。

パパ活という言葉自体は去年初めて知りました。

「自分が今までやっていたことは、世間ではパパ活と呼ばれるのだなぁ」と思いました。

 

 

しかし、ゲイの世界では、パパ活という呼び方はあまりしません。

特定の呼び方はありませんが、パパ活を好む層を金持ち好きを表す「金専」と呼ぶことがあります。

 

 

昔からあるサポート

 

ゲイの世界にはサポートという文化があります。

 

サポートとはお金を払って、身体の関係を持つことです。

サポートされた人はお金を受け取る対価として、性的行為を提供します。

サポートした人はお金を支払う対価として、性的行為の提供を受けます。

 

 

ゲイ向けの出会い掲示板には、サポ掲示板というものがあり、サポートされたい人と、サポートしたい人をつなげています。

 

 

金銭のやり取りが発生する身体の関係をサポートと呼んでいます。

身体の関係を持ったら、割り切りです。

 

 

パパ活とサポートの違い

所謂ゲイのパパ活は飲食、旅行、プレゼントなども享受できます。

身体の関係を持つことも多いですが、それが全てではないのが、ゲイのパパ活と言えますし、サポートとの違いだと言えます。

 

 

 

ノンケのパパ活よりは少ない

ノンケのパパ活はゲイのそれより金額が多いです。

よくブログやテレビで取り上げられるケースは、パパ活で月50万円とか、月100万円という文字が目立っています。

 

 

一方で、ゲイの世界は月10万くらいがボリューム層で、月20万円を超えてくるとトップ層ではないかなと思います。

わたしの周囲で月三桁万円を超している人はほとんど見ないです。

 

 

やはりノンケ世界はノンケがマジョリティーなだけあって、それだけ金持ちも多いですし、誰かにお金を使いたいという人も多いということです。

パパ活で高額なお金を得る女性が多いのは、ノンケだからでしょう。

 

 

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


同性愛(ノンアダルト)ランキング