ゲイのパパ活事情

20代ゲイがお送りするパパ活事情

ゲイのパパ活の実績

 

パパ活をはじめたきっかけ

とある友人が「30歳まで二丁目で1円も使わなかった」という話をしていました。

その顔で30歳までと言うならば、僕なら35ぐらいまでいけるんじゃないかと思ったのがはじまりです。

ただの自信過剰ですね。

 

 

最初はアプリでリアルすると、外食でご馳走になる程度でした。

それがアプリで出会った人に旅行に連れていってもらうことにはじまり、その後二丁目デビューを飾り、外食だけでなく、プレゼントをもらうことも増えていきました。

その後、何度かまともな恋愛をしていましたが、大失恋を気に「愛より金」と再認識し、今に至ります。

 

 

これまでの実績

それでは僕のパパ活の実績を具体的な数字でお伝えしましょう。

 

 

過去最高は月50万円。

平均はだいたい月20万円くらい。

多少の変動はあります。

 

 

金額の算出方法

 

金額の算出に当たり、以下の算出方法を用いています。

 

〇食事や宿泊費は総額の50%

※ゲイバーなどのシャンパンは店側の人数も含めて割ります。

 

〇プレゼントは総額の100%

※購入相場で算出します。

 

 

食事はだいたいパパ活総額の40%を占めています。

算出方法にも書きましたが、食事はパパ自身が払った金額をすべて反映させているわけではありません。

よって、実際のところ、パパが僕につぎ込んできた金額は総額1,000万円を超えています。

 

 

パパの人数

 

常に数人のパパがいます。

現在は8人ほどいます。

 

 

これまで20人以上のパパと知り合ってきました。

パパの職業はさまざまです。

社長、医者、歯医者、司法書士、弁護士、会社員、ゲイバーのママ…。

多岐に渡ります。

 

 

1人のパパに絞ることはあまりおすすめしません。

パパに彼氏ができると関係がフェードアウトすることが多いです。

また、長期化するほど、何が起こるかわかりません。

この点については別途詳細に書こうと思います。

 

 

 

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


同性愛(ノンアダルト)ランキング