ゲイのパパ活事情

20代ゲイがお送りするパパ活事情

ゲイのパパ活をしていて良かったこと

 

 

年上と話す度胸がつく

普段社会人として生活していても、極端に年次が離れた方と仕事をすることはあると思います。

しかし、プライベートな会話をすることはほとんどないと思います。

 

 

パパはほとんどが年上です。若くても30代前半です。若いほど起業している方が多いです。

パパのボリューム層は40代前半です。

おそらく会社の上司とほとんど年齢が変わらないのではないでしょうか。

 

 

年上との交流の機会は貴重です。

学生ならなおさらです。

 

 

世代間の異なる考え方に接することはパパ活においても深みが出ます。

パパは話を聞いてもらいたい人が多いです。

自慢話や過去の話など、あなたにとって役立たない話も多いかもしれません。

しかし、パパの話す内容からパパの人となりや考え方、ひいては資産状況まで推測できると思います。

つまり、パパ活を通じて聞き上手になることができます。

聞き上手であることはパパ活において大きなアドバンテージにもなりますよ。

 

 

さらにレベルの高いパパだと、会話を楽しみたいというニーズがあります。

その際、いかに幅広いテーマに対して自分の意見を持っているかが重要です。

わたしも常に経済や政治というテーマのニュースにはアンテナを張っており、明確に自分の意見を述べられるようにしています。

パパが好意を持ってくれているならば、わたし自身にも興味を持ってくれます。

きっとあなたの趣味や考え方、生い立ちなどを話す機会もあるでしょう。

そこで伝える技術も身につくと思います。

 

 

実際、わたしは太パパに「雑談力が一流」だとたびたび褒めてもらっています。

もし、出会いのきっかけが「お金を使う・使ってもらうだけ」の関係だとしても、いつの日かパパに身体の関係を求められたとしても、雑談力は大きな武器になります。

若さという資産は時間とともに失われていくけれど、雑談力は磨き続けることができます。

そして何より他の若い子との差別化にもなります。

 

 

接待能力が身につく

パパの世代の文化や当時の流行を抑えておくことも良いでしょう。

具体例を挙げると、カラオケに行ったときにパパ世代の曲が歌えることは強みになります。

パパ世代の曲ならパパと一緒に歌うこともできます。

 

 

年上と打ち解けるには向こうの喜ぶことをしてあげることが大切です。

普段パパは年の離れたあなたと接するときに、なるべくあなたが興味のありそうなことをリサーチしているものです。

パパもあなたが喜ぶことをしてくれていると思います。

そのお返しということでもありませんが、些細なことでいいのでパパのことを思い、接待する気持ちでいると、パパも喜んでくれます。

 

 

自分の現在価値を知ることができる

自分の価値ってなんでしょう。年収でしょうか。

わたしは年収だけでは推し量れないと思っています。

年収以外の別の指標のひとつとして、パパ活の成果や実績が挙げられるのではないでしょうか。

どれだけ支援してもらったかは、一定の自信につながると思います。

 

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


同性愛(ノンアダルト)ランキング