ゲイのパパ活事情

20代ゲイがお送りするパパ活事情

ゲイのパパ活~パパになりやすい人の特徴5選

 

 

パパになりやすい人とは

わたしは便宜上、支援額の多寡に関わらず支援をしてくれる方をパパと呼んでいますが、パパと言っても人それぞれ。

これまで20人以上のパパと接してきたので、パパになりやすい人の特徴を挙げていきます。

 

 

①お金がある

当然と言えば当然ですが、パパになる人は経済的な余裕がある人がほとんどです。

あえてパパという道を選ぶのも、資金力があってこその選択肢です。

 

 

実際、わたしのパパも、資産家、社長、医師、歯医者が多いです。

サラリーマンだとしても、最低でも課長クラスです。

正直課長クラスですと、資金力はさほど多くありませんので、会う頻度を減らすなどの工夫をして対応しています。

 

 

②お金を使うことが好き

金持ちはケチが多いと言いますが、ここぞという時にお金を使うとよく言われています。

つまり、無駄使いが好きではないことが多いです。

 

 

よって、あなたにお金を使ってくれるのも、パパに「ここぞという時だ」と判断してもらっていると考えても良いでしょう。

 

 

支出の緩急をつけることが多いので、パパを見ていて「ここにはお金をかけていないのだな」というところがきっとあるはずです。

もし、はっきりと緩急が見当たらないのであれば、かなり高いレベルでの緩急だと思われます。

そのようなパパは資産家である可能性が高いので、ぜひつなぎとめてください。

 

 

③ポリシーがある

パパなりのポリシーがあってこそ、あなたにお金を使うのがふさわしいと判断したのだと思ってください。

パパ活の内容もこのポリシーによって個人差があります。

 

 

例えば、ほとんどのパパはレストランでの食事やバーでのお酒については支払ってくれます。

旅行に連れていってくれるかどうかに関しては、ポリシーの差というよりは、あなたとパパとの親密さとパパ自身の資金力に左右されます。

日用品を買ってくれるかとなるとポリシーの分かれ目です。

日用品を買ってくれるパパはあしながおじさんのようなパパが多いです。

気に入った子になにかをしてあげるのが好きなタイプです。

 

 

そして、あしながおじさんタイプは、誰かにお金を出すということに慣れていて、経験値が高いです。

このようなパパは長続きする傾向があります。

これまで息が長く、1人の子に支援をしてきた経歴を持っています。

 

 

どのようなパパであれ、まずはパパのポリシーを知ることからはじめてください。

支援を受けやすくなりますし、長期的な関係に発展させやすくなります。

 

 

④支配欲が強い

一般的に世の中の企業の社長は支配欲が強いと言われています。

その支配欲の強さこそが、ビジネスの原動力になっているわけです。

 

 

これはパパも同じで、支配欲が強い人が多いです。

あなたを支配するためにお金を使っていると言っても過言ではありません。

 

 

しかし、支配欲が変な方向へ向かうと、束縛をしてくる可能性があります。

束縛を強いるパパのメリットとしてはたくさんの若い子を囲わない傾向があります。

そのようなときは束縛されることと引き換えに、更なる支援を引き出してはいかがでしょうか。

 

 

あしながおじさんタイプのパパが支配欲が強い場合、かなり良いチャンスだと言えます。

関係が長期化しやすいうえ、他の若い子を囲う可能性が低いので、支援を一挙に受けることができます。

 

 

⑤面食い

容姿を重視するパパがほとんどです。

やはり入り口は容姿です。

そこから差がつくのがあなたの考え方や立ち振る舞いとなります。

もし、あなたが恵まれた容姿を持っているのであれば、パパ活をするスタートラインには立てています。

ぜひ個性を磨いて、差別化をしていきましょう。

 

 

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


同性愛(ノンアダルト)ランキング