ゲイのパパ活事情

20代ゲイがお送りするパパ活事情

ゲイのパパ活~パパに求めるもの

 

 

資金力とは少し違うもの

わたしはお金を使ってもらえるのであれば、パパの資金力は問いません。

とはいえ、借金をしてまでお金を使ってくれる人はあまりいません。

ただ、もし借金をしてでもわたしにお金を使ってくれる人がいるのなら、喜んでお相手したいと思っています。

 

 

借金をするほどお金を使いたいということはそれだけわたしに依存してくれている証拠ですので、ある意味わたしに支配されていると言っても過言ではありません。

いずれにせよ、パパ活の根本的な目的は、支援してもらうことに他なりません。

どのような形であれ、支援を受けられるのであれば、身分の貴賤は問いません。

 

 

余裕

パパは年上であることがほとんどです。

年上に求めるものはずばり余裕です。

余裕とは精神的な余裕、経済的な余裕を指します。

パパ活において、わたしがパパに求めているものも余裕です。

 

 

経済的な余裕がなければ、パパとして若い子を支援することは難しいです。

精神的な余裕がなければ、「どうして支援しているのか」と自問自答に陥ってしまいがちです。

経済的な余裕はいかようにも見せ方がありますが、精神的な余裕はほころびが目立ちます。

 

 

わたしはぜひパパには精神的な余裕を持ってほしいと思っています。

お金を払ったからと言って、すべてが思い通りになるわけではありません。

思い通りにしようとするパパほど、たいした支援をしてくれていません。

 

 

パパとしての自覚を持って、なぜこの子にお金を使おうと思うのか、本来のパパとしての在り方を見つめなおして欲しいです。

 

 

後腐れのなさ

割り切った関係と言えばわかりやすいでしょうか。

パパには「あんなにお金を使ったのに」と思わないことを求めます。

 

 

ただ、わたしがパパに対してそのような思いをさせないためにも最大限のおもてなしをしていることが前提とはなります。

しかし、いくら何をしても「あんなにお金を使ったのに」と思われてしまったら元も子もありません。

このような後出しじゃんけんはしないでもらいたいです。

 

 

もしそれでいてパパが「高い!」と思うこともあるでしょう。

きっとパパだと思っているその人は、本当はパパには向いていません。

ぜひ新規開拓をしてください。

残された時間は有限ですから。

 

 

良い意味で都合のいい男

パパには良い意味で都合の良い男になってもらいたいものです。

わたしと会っている時だけでもいいので、甘えさせてくれたら嬉しいです。

わたしもパパに対して、楽しい会話や身体を提供します。その対価が支援だと思っています。

 

 

わたし自身パパに対して恋愛感情を持つことも時々ありますが、やはりお金と身体の関係で会っているからこそ、お互い良い意味で都合のいい男になりたいものです。

 

 

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


同性愛(ノンアダルト)ランキング