ゲイのパパ活事情

20代ゲイがお送りするパパ活事情

ゲイのパパ活~パパの見極め方

 

 

パパのためらいや戸惑いの多寡の見極め

 

パパはあなたを支援するにあたり、ためらいや戸惑いがある可能性があります。

ためらいや戸惑いを抱く理由は経済的な理由、そしてこれまでの経験に基づいています。

 

 

経済的な理由の場合は、会う頻度を減らしたり、ランチにしたり、単価を下げてあげてください。

それでも支援ができないと言うのであれば(「次回は少し出してもらうよ」などと言ってくる)、支援がないのなら会わないという意思を伝えてください。

パパが本当にあなたに会いたいのであれば、どうにかして支援して会いたいと思うはずです。

 

 

これまでの経験というのは、以前若い子にお金を使っていたにも関わらず、逃げられるなどして、トラウマになっているということです。

実際、わたしのパパにも、お金を貸してトラブルになったパパがいました。

過去の経験がトラウマになっている場合は、パパの方から理由を話してくれる可能性があります。

パパの話に耳を傾けてあげてください。そして、安心させてください。

 

 

特にいつか恋人になってくれると思っているパパは注意が必要です。いかに支援を引き延ばすかが重要です。

そして、恋人になったときに支援が続くのか、それとも恋人になるまでの先行投資なのか、パパの発言から見極める必要があります。

 

 

もし、先行投資だった場合は、支援は長続きしません。

期間の長短は様々ですが、経済的に息切れするか、パパが「いくらお金を使っても恋人になれない」と我に返るでしょう。

引き延ばせたとしても次第に支援額がフェードアウトしていくことでしょう。

そして、長続きするパパほど、「パパ活」ではなく、「若い子に投資している」と勘違いしています。

 

 

パパ活の観点では、恋人になりたがるパパはあまりおすすめできません。

しかし、あえて先行投資分だけ取りに行くのも戦略としてはありです。

恋は盲目です。短期間で莫大な支援を狙える可能性が高いです。 

 

 

この先行投資か否か(恋人になったとして支援が続くか)の見極めはかなり難しいです。

当然ですが、直接パパに聞くと、難色を示されることがほとんどです。

 

 

それではどのように見極めすべきでしょうか。

一般的には恋人になった場合、支援がなくなることが多いことを認識しておいてください。

愛人であれば支援は続くでしょう。

恋人になりたい思いが強いパパほどこの傾向が強いです。

パパからあまりにも執拗にお付き合いを懇願された場合、今後の支援がなくなると思ってよいでしょう。

いかに支援を引き延ばしつつ、懇願を交わすかを第一に接しましょう。

支援額に対して、執拗なパパをコントロールする難しさが割に合わない場合は頻度を減らすか、スタートダッシュで支援をもぎ取る方向で行きましょう。

 

 

サポ目的で会ったにも関わらず、恋人になりたがるパパは見極めかなり難しいです。

いっそのこと恋人になってしまい、状況を見るのもひとつの手段です。

もし支援が続くのであれば、パパ活の目的に沿います。

 

 

本当にパパ活慣れしているパパは少ない

 

当然と言えば当然なのでしょうが、パパ活慣れしているパパは少ないです。

わたしのお抱えのパパも、パパとしての自覚があり、無理に恋人関係を求めてこないパパは2~3人に留まります。

 

 

たいていは、お付き合いするまでの先行投資、または、(パパ自身)年上だから奢ってあげようという人が多いです。

わたしは便宜上、パパと一括りにしていますが、本当にパパとして自覚があるパパは少ないです。

 

 

とはいえ、パパ活をするうえでこのようなパパ不適格層を見逃すわけにはいきません。

塵も積もれば山となります。

外食を奢ってくれるだけのパパだとしても、あなたの食費や交際費は節約できています。加えて、パパ活は場数を踏んでなんぼです。

 

 

パパ活の方法を事細かに説明している教材や教科書はこの世にはありません。

ましてや、パパそれぞれに対して対応を変えていくべきなので、「こうすればうまくいく」というものはありません。

 

 

わたしも未だ手探りです。

パパの機嫌を損ねてしまうことも時々あります。

 

 

たくさんのパパと接することは、本命のパパが現れたときの大きな強みになります。

人は見た目によりません。パパになってくれる人は外見では判断が付きにくいものです。

ぜひ場数を踏んで、経験値を上げて、パパを見極める目を養ってください。

 

 

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


同性愛(ノンアダルト)ランキング