ゲイのパパ活事情

20代ゲイがお送りするパパ活事情

ゲイのパパ活~旅行は行くまでも楽しい

 

 

台湾へフミヤくんとアツシくんと3人で行くことが決まりました。

アツシくんに旅券番号と本名を伝えて、航空券を抑えてもらうことになりました。

どうやらアツシくんはかなり旅慣れているご様子。

 

 

わたし自身、家族で毎年のように海外旅行へ行っていたので、旅慣れているつもりでしたが、やはり上には上がいるもの。

旅慣れているつもりのわたしでしたが、ハマると同じ国に何度も行くので、かなり偏りがあります。

 

 

わたしが当時行ったことがあるエリアはサイパン、ホノルル、ゴールドコーストでした。

※現在はもう少し渡航国が増えました。

 

 

サイパンは10回くらい行きました。昔はJALがリゾッチャを飛ばしていたので、格安ツアーがごろごろしていたのです。

ホテル代と旅費込みで3泊4日のプランだと3万円~5万円とかでした。

治安も良いし、沖縄より近いので、お気に入りの旅行先でした。

今は日本資本がほとんど撤退し、JALの定期便もなくなり、韓国資本や中国資本が幅を利かせています。

 

 

サイパンの次にハマったのがホノルルでした。

あの島の魅力は一体何なのだろう。

現在に至るまで10回ほど行きましたが、不思議と飽きません。

むしろ、ホノルル国際空港に着陸するたび、「帰ってきたなあ」という気持ちになるのです。

最近はタイミングが合わずに行けていません。

わたしの母親はわたし以上にドはまりして、毎年ホノルルへ行っています。羨ましい限りです。

 

 

ゴールドコースト(オーストラリア)は一度だけ、5歳くらいの12月に行きました。

オーストラリアは南半球なので、真夏です。サンタクロースがサーフィンしていたのが記憶に残っています。

ゴールドコーストはお察しの通り、ビーチリゾートです。ただ、あまり海に入った記憶がありません。

加えてコアラの指人形にハマった記憶があります。でも実物のコアラはとっても臭いんですよね。

「オーストラリアは置き引きやすりが多いから、財布はカバンの底にしまってください!」とツアーガイドに言われたことが印象的です。

 

 

 

さて、話を戻します。

翌日、早速台湾の旅行ガイドを立ち読みしに行きました。

初めて行く中華圏なので、特に料理が楽しみです。

母親にはパイナップルケーキのお土産をおねだりされました。

その他台湾の食材をたくさんリクエストされました。

実際に台湾へ行くわたしよりも観光ガイドを読み漁っていましたね。

※わたしが初めて台湾へ行った5年後、わたしの両親は台湾にドはまりし、毎年行くことになるのですが笑

 

 

一度も行ったことない国でこれほどのリクエストをこなせるか不安になったので、アツシくんに相談してみることにしました。

すると、アツシくんはこれまで何度も台湾に行っているそうで、北京語も少し話せるとのこと。

台湾にある巨大スーパーへ行けばほとんど見つかると思うよというなんとも心強い回答をもらえました。

台湾旅行が待ち遠しくなりました。

あと一ヶ月。

 

 

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


同性愛(ノンアダルト)ランキング