ゲイのパパ活事情

20代ゲイがお送りするパパ活事情

ゲイのパパ活~魅惑の空港ラウンジ

 

 

ついに台湾旅行の当日になりました。

行きは羽田空港からの便で、帰りは成田空港へ着く便です。

羽田空港へは午前中に待ち合わせしました。

わたしは、フミヤくんとアツシくんと無事に合流しました。

合流するなり、二人はわたしのスーツケースの大きさに驚きました。

アツシ「ヤワくん、スーツケース大きすぎw」

フミヤ「わたしなんてこれだけよ」

わたし「家族にお土産をたくさん頼まれたので。」

アツシ「あーなるほどね。それにしても大きすぎる」

わたし「家族でホノルルへ行くときはこの大きさのスーツケースを各自2つもって行くんですよ」

フミヤ「えええ!それにしてもご家族で海外旅行なんて羨ましいわ」

アツシ「わたしも何年も家族とは行ってないわ」

 

 

無事チェックインを済ませて、出国エリアに入りました。

そういえば、アツシくんが保安検査は壁よりのレーンが一番進むのが早いし、金属探知機が厳しくないと言っていました。

どうやら壁よりは航空会社がよく使うレーンみたいです。

確かに言われてみればそんな気もします。

わたしがこれまでの人生で知りえなかった知識をアツシくんだけでなくフミヤくんはよく知っています。

話を聞いているだけで、賢くなれそう。

フミヤくんは空港の施工会社について延々と語っていました。

 

 

さて、フライトの時刻まではまだ少し時間があります。

アツシ「じゃあ、わたしとヤワくんはJALのラウンジに行くわね。フミエは大丈夫なんだっけ?」

フミヤ「わたしは大丈夫よ。ANAのラウンジに行ってくるわ」

アツシ「またあとでね」

フミヤ「はーい!ヤワくん楽しんでね。ほんとすごいんだから」

どうやらラウンジで食事をすることになりました。

 

 

アツシくんに連れられてJALのラウンジに向かいました。

そう言えばラウンジって初めてだなぁ。

これまでツアーで旅行をしたことしかなかったので、実はラウンジ初体験でした。

JALサクララウンジへ到着しました。

どうやらアツシくんはJALの上級会員みたいで、今回の台湾旅行の座席はエコノミークラスなのですが、サクララウンジを利用できるみたいなのです。

しかも、同伴1名まで無料とのこと。

 

 

早速、豪華なラウンジに入ります。

アツシ「ここはサクララウンジなんだけど、ここよりファーストクラスラウンジの方がはるかに豪華よ」

わたし「えええ。ここよりも豪華なんですか」

アツシ「そうよ~」

さらに豪華なラウンジがあるなんて。想像もつきません。

サクララウンジですら豪華に見えました。

平日の午前中だったこともあり、おそらくその場にいたお客さんの中で僕が最も若くて、アツシくんが2番目に若いという年齢層の高い顔ぶれでした。

 

 

サクララウンジは食事が豪華でした。

以前JALのホノルル便にエコノミークラスの機内食でも出していたメゾンカイザーのパンが食べ放題で感動しました。

メゾンカイザーのパンってなんでこんなに美味しいんでしょうね。今でも好きです。

ペットボトル入りの水やお茶も取り放題。もちろんお酒も飲み放題でした。

僕らは朝からシャンパンで乾杯しました。

ここは天国か!と思いました。

 

 

わたし「ここに住みたい」

アツシ「そんなこと言ってないで台湾に行くわよw」

目的地に到着するまでの間、ここまで楽しい旅行ははじめてかもしれません。

もちろん飛行機に乗ることは好きでしたが、まさか飛行機に乗る前にラウンジという楽しみがあったなんて。

 

 

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


同性愛(ノンアダルト)ランキング