ゲイのパパ活事情

20代ゲイがお送りするパパ活事情

ゲイのパパ活~撮影大会

 

 

新御三家のシャングリラにチェックインを済ませると、いつの間やら、わたしたちの荷物が運び込まれていました。

わたしたちが通された部屋は2部屋をくっつけたコネクティングルームでした。

とんでもなく広くて、どうやらスイートルームでした。

ベットルームは3つあり、2部屋をコネクティングしているので、水回りは2つずつありました。

もはや家ですね。

 

 

事前知識がほとんどないわたしでもすぐわかる、わかりやすいスイートでした。

アツシ「本当はスイートとスイートをコネクティングしたかったんだけど、今回はスイートと片方は普通のジュニアスイートなのよ~」

フミヤ「今のでも十分3人で持て余してしまう広さよねw」

どうやらアツシくんの知り合いにシャングリアの従業員がいるらしく、かなり安く泊まれているとのこと。

アツシくんのコネクティング、すごい…。

 

 

眺望も素晴らしく、シャングリラが台南で最も高い建物に入っているだけあって、遮るものもなく、台南の町が窓いっぱいに広がっていました。

すぐ近くに国立大学のキャンパスがあり、テニスコートで学生がテニスをしているのが見えました。

そしてなにより、アメニティーはロクシタンで感動してしまいました。

あまりにもわたしが感動するので、アツシくんが「全部持って帰って!」と言ってくれました。

わたしは「母が喜びます」と返しておきました。

 

 

フミヤくんが部屋に置いてあったフルーツを剥いてくれていました。

スイートルームになるとフルーツが置いてあるんですね…。

アツシ「部屋がぐちゃぐちゃになる前に写真を撮っておかなくちゃ!」

フミヤ「わたしもそうする~!」

ほう。

どうやら宿泊したホテルは写真に収めて、SNSにアップする文化があるようです。

わたしも両親に無事台湾旅行できている旨を伝えようと写真を撮ることにしました。

 

 

さて、写真撮影大会も終わり、だんだん日も陰ってきたので、夕飯を食べに町へ繰り出すことにしました。

アツシ「せっかくだし、ローカルが集まるような中華に行きましょ~!」

わたし「小籠包食べたいです!」

フミヤ「わたしも食べたい~!」

食べ物の趣味が合う3人。

嬉々としてホテルを後にしました。

 

 

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


同性愛(ノンアダルト)ランキング